1. HOME
  2. 事業案内
  3. イベント事業
  4. 2020年 実施報告

イベント事業

EVENT BUSINESS

イベント事業

2020年 実施報告

目次

目次

実施報告

それは、夢の祭典。名古屋が一番熱い夏ー

開催概要

タイトル

【日】  世界コスプレサミット2020 ONLINE (略称:コスサミ2020オンライン)
【英】  WORLD COSPLAY SUMMIT 2020 ONLINE (略称:WCS2020 ONLINE)

日程

2020年8月1日(月)〜 8月2日(日)

主催

世界コスプレサミット実行委員会
(外務省・愛知県・名古屋市・名古屋観光コンベンションビューロー・中部国際空港株式会社・大須商店街連盟・テレビ愛知株式会社・株式会社WCS)

協力

WCSおもてなし学生実行委員会・世界コスプレサミット学術委員会

日程・スケジュール

8月1日(土)

WCS2020オープニングセレモニー

8月1日・2日(土・日)

世界コスプレサミット2020 ONLINE

世界コスプレサミットは新たなカタチに

2003年に始まった世界コスプレサミット(通称:コスサミ)。 この17年間で世界40ヶ国・地域から参加者が集まる国際的なイベントとして、 認知されてきた。
新型コロナウイルスの影響を鑑み、「コスサミ」は新たな形態に進化!

開催コンセプト
“名古屋から日本・世界を元気に!”

経済復興に向けて、誰かが一歩踏み出さなくては「うねり」は起きない。
オンラインでも、
いや、オンラインだからこそ伝えられることがあると思います。
“世界の距離を詰めること”
“時間を無視した出会いの場を作ること”
正に、 “共に同じ場に集っている事の実感” が可能です。
この逆境の中、アフターコロナを視野に新たな価値創造に向けて
チャレンジいたしました。

「名古屋から日本・世界を元気に!」をコンセプトに、オンライン番組を基軸として、経済復興を応援するキャンペーン展開やアフターコロナに向けた情報発信を行った。
ウィズコロナ・アフターコロナの時代における経済復興に向けて、名古屋が一丸となって盛り上げ、発信場所がWEBになったとしても、「名古屋」をキーワードに、世界へ発信を行うこととした。

オープニングセレモニー

日時:2019年8月1日(土)12:00〜
会場:名古屋市公館

世界コスプレサミット2020 ONLINEの24時間番組配信に先駆け、オープニングセレモニーを行った。
毎年恒例の河村たかし名古屋市長によるコスプレ披露や、ゲストからの応援コメントをいただいた。
今年はコロナ禍での開催のため、海外と中継を繋ぎ、来日できなかった各国・地域の代表達は遠隔にてセレモニーに参加した。日本在住の外国人コスプレイヤーもゲストとしてセレモニーに出席。
また、東京会場とも中継を繋ぎ、外務省からもコメントをいただいた。

【スケジュール・出席者】
12:00〜 概要説明、世界コスプレサミット実行委員⻑あいさつ(小栗徳丸)
12:05〜 オンライン番組のチャレンジ企画内容など(ボイメン☆ファミリー)
12:15〜 WCS初のオンライン開催についてなど(各国・地域のコスプレイヤー) 12:36〜 文化交流・海外広報課⻑の挨拶(外務省)、Cosplayer of the year2020受賞者紹介
12:43〜 名古屋市の取り組みなど(名古屋市コスプレホストタウンPR隊) 12:49〜 名古屋市⻑あいさつ(河村たかし市長)
12:55〜 宣言(WCSオンラインコンセプト)
12:57〜 エンディング・フォトセッション

世界コスプレサミット2020 ONLINE 概要

日時

2020年8月1日(土)20:00〜 8月2日(日)20:00
24時間放送

場所

<名古屋>テレビ愛知、FORTUNE ENTERTAINMENTスタジオ、他
<東 京> TRAVEL HUB MIX

概要

「名古屋から日本・世界を元気に!」をコンセプトに、オンライン番組を基軸として、経済復興を応援するキャンペーン展開やアフターコロナに向けた情報発信を行った。
ウィズコロナ・アフターコロナの時代における経済復興に向けて、名古屋が一丸となって盛り上げ、発信場所がWEBになったとしても、「名古屋」をキーワードに、名古屋から世界へ発信を行った。

世界コスプレサミット2020 ONLINE タイムテーブル

WCS2020 ONLINE 参加国・参加地域一覧

世界コスプレサミット2020 ラインナップ

ナゴヤ(東海エリア)発アニメ応援! Supported by 玉越

東海地方発信のアニメーション3作品を紹介した。
「シキザクラ」コーナーではオープニング主題歌を歌う亜咲花さんのオンラインインタビューや、声優 茉白実歩さん、野田雄大さんが出演。茉白実歩さんは自分が演じたキャラクターのコスプレも披露し番組中撮影した写真で #エアコスサミ企画に参加するなど、シキザクラのプロモーションを行なった。
常滑市を舞台とするアニメーション「泣きたい私は猫をかぶる」コーナーでは、常滑市の伊藤辰矢市長がZoom中継で出演した。
名古屋を舞台とする「八十亀ちゃんかんさつにっき」コーナーでは原作者の安藤正基さんが八十亀ちゃんと一緒に出演し、名古屋を舞台に世界へ発信するアニメーションとして視聴者にPRした。

その他、LIVE DAM カラオケを使って、コスサミのテーマソング「We Can Start!! 」をコスプレイヤーのるなちっちさんが歌唱し、紹介した。

増山修ライブドローイング

ジブリの背景イラストも手掛ける増山修さんが30分でイラスト作成!
ライブペイントが始まってから「めちゃくちゃすごい!」「描くスピードが速い!」などコメントが大量に寄せられた。
完成したイラストはSNSで行った「#エアコスサミ」企画で、自由に使える背景素材として提供された。

アニメROOM

アニメ関連のクリエイター、出演者によるパネルディスカッション。アニメ業界ではどんな事が起きているのか、視聴者にだけお届けする裏舞台トークで、世界中のファンからの質問に答えた。
アニメ制作会社のグラフィニカとアニメプロデュース会社のアーチの代表取締役 平澤直さんをファシリテーターに、アニメーション監督・演出家・ID-0監督の谷口悟朗さん、ID-0声優の津田美波さんをゲストに迎えた。
コロナの影響でアニメ業界がどう変わったのか?、などまさに今一番聞きたい質問について、谷口監督は「自宅作業が増え、音データは送ってもらい確認など、作業に時間がかかるようになったが、こういう状況だからこそみんなで知恵を出し合おうという雰囲気もあり、結束力が高まった」とお話しされた。津田さんは「声優は少人数での収録が増え、相手がいない状態での掛け合いなど大変。想像力を今まで以上に働かせている。」と話してくれた。
また、世界中からリアルタイムに寄せられるコメント欄の質問にも答えた。

8月1・2日(土・日) コスプレZoomギャザリング

【スケジュールとギャザリングテーマ】
8月1日 22:00〜
①「WorldCosplay」選抜 ②SF・アメコミ
8月2日 11:00〜
①メガネキャラ ②オールジャンルメイド系
8月2日 13:30〜
①和装 ②アイドル

自宅にいながら、参加者の好きなコスプレで『世界コスプレサミット2020オンライン』生配信番組に参加することが出来る企画として、ZOOMギャザリングを開催。この視聴者参加型オンラインイベントでは、番組内でMCとの交流を行い、世界中のコスプレイヤーが参加した。

8月1・2日(土・日) ストリーマープログラム(海外中継)

世界コスプレサミット ワールドコスプレチャンピオンシップの過去代表(アルムナイ) 及び 世界中の有名コスプレイヤーが直接放送に参加。
日本を含め11カ国のコスプレイヤーがストリーマーになり
合計6時間以上の放送を行なった。

視聴者が24時間番組を通して世界を旅行することを基本コンセプトにし、各ストリーマーが放送の冒頭で自国の文化、飲食、コスプレなどを紹介。それに続いて各自のアイディアで準備した個性的なストリーミングコンテンツを披露した。

コンテンツ紹介をメインにする事前収録動画と視聴者との交流を重視するライブ放送の2つの方法で各プログラムごと約30分間放送。
日本と時差がある多様な国をターゲットに、深夜から朝までの時間帯に流し、放送言語も英語と日本語で行われた。

タイ(Yuegene Fay、ライブ):
事前に集めたファンからの質問 及びタイで行っているコスプレ関連プロジェクトをインタビュー形式で紹介。

マレーシア(Natalie、VTR):
マレーシアのコスプレ撮影スポット、コスプレ動画の撮り方、コスプレ道具作りのヒントなどを紹介。

インド(Hotaru Juno、VTR):
コスプレに関わる怖い体験談を事前に募集、番組で紹介。

イタリア(Maxinga、ライブ):
ピッツァを作りながら日本のアニソンを演奏、歌唱し、イタリアバージョンの日本アニソンを紹介。ピッツァを仕上げて終了。

デンマーク(Julia Myuri、VTR):
コペンハーゲンをコスプレで紹介し、コスプレが終わった後のコスプレメイクの落とし方、スキンケア方法を伝授した。

オランダ(Sednobis, Ilunaneko, Kaoru Lily、ライブ):
コスプレメイクをしながら世界コスプレサミットでの経験談を語る。また視聴者からの質問にも答えた。

メキシコ(Banana cosboys、VTR):
ラテンアメリカ8ヶ国のコスプレイヤーにインタビューを行い各国のコスプレを紹介。

日本(Mamemayo, Mio、ライブ):
コスプレをしたキャラクターが好きな日本料理 天ぷらを作りながら視聴者とリアルタイムでコミュニケーションした。

オーストラリア(Alycesca, Taiga Kun, Senra Aria、ライブ):
歴代のチャンピオンシップのパフォーマンスの中から好きな作品を紹介した後、自分たちで作ったパフォーマンスを披露。

アメリカ(Yaya Han、ライブ):
世界の多様なコスプレ文化を反映し出版した本の紹介 及びWCSドネーションのサポートアンバサダーになった経緯をインタビュー形式で紹介。

日本(Reika、ライブ):
全世界のファンから集めた質問に答えながらコスプレに関するアドバイスを視聴者にインタビュー形式で紹介。

8月1・2日(土・日) チャレンジ中継

めざせMV披露!ボイメン☆ファミリー24時間チャレンジ
●24時間(8/1 20:00スタート)
WCSのテーマソング「We Can Start!!」を名古屋発エンターテイメント集団「ボイメン☆ファミリー(全4組)」が、24時間以内に歌の収録と振り付けを考えMVをエンディングで披露!

30分チャレンジ!増山修ライブドローイング
●30分(8/1 21:30スタート)
ジブリの背景イラストも手掛ける増山修氏が30分でイラストを作成。
#エアコスサミに使用できる背景イラストとして提供。

元日本代表による12時間衣装製作チャレンジ
●12時間(8/2 8:00スタート)
2015、2017年日本代表・琉演の2人が12時間でコスプレ衣装制作にチャレンジ。

8月2日(日) チャンピオンシップトーク

過去のチャンピオンシップよりコスプレパフォーマンス映像を見ながら、深夜のトーク番組を行った。
「Championship ONLINE コスデミー授賞式」にノミネートされた優れたパフォーマンス作品、惜しくもノミネートされなかったけど凄かったパフォーマンスなど、改めてチャンピオンシップのクオリティの高さを伝えることが出来た。

8月2日(日) 増山修ワークショップ

テクニック紹介、質問を受け付けて回答するイラストワークショップ。
「アニメの画像の7割」と言われる背景画像を増山さんが解説。視聴者が目にしたことのあるであろう様々なアニメーションの背景画像を実例で紹介した。
また、絵の構成要素など、背景美術制作の考え方や法則、ロジックを惜しみなく紹介していただいき、視聴者がこれまで見てきたアニメについて改めて知ることの出来る貴重な機会となった。

8月2日(日) アイドルライブ&トーク

日本のサブカルの中心と言っても過言ではないアイドル文化に目を向け、ライブパフォーマンスを世界中に届けるコーナーとして、「虹色の飛行少女」「alma」の2アイドルに出演していただき、迫力のあるライブパフォーマンスを披露した。また、今話題の「ASMR」作りに代表4名が挑戦し対決し、会場を盛り上げた。日本のみならず、海外の視聴者からのコメントも交えながら、番組テーマ「好きは、世界を繋ぐ」にちなんで、アイドルとして世界として繋がっていると感じることを語って頂き、海外からもたくさんのコメントをいただいた。

8月2日(日) 漫画家ROOM

名古屋にゆかりのある漫画家、あんど慶周さん、井上ハヤオキさん、棚園正一さん、アントンシクさん、安村洋平さんにスタジオにお越しいただき、番組テーマ「好きは、世界を繋ぐ」にちなんで、好きなものについてのトークなどをお話しいただいた。
今は漫画もデジタルで描くことが多いとのことでしたが、生放送中にアナログ(ペン)で色紙を書いてもらい5名がそれぞれの画風を惜しみなく披露した。視聴者へのプレゼントするなど、貴重な機会となった。

8月2日(日) 歌い手 S!N

名古屋出身でコスサミの大須のパレードに観客として足を運んだことのあるS!Nさんに、世界中で人気の「鬼滅の刃」の「竈門炭治郎」のコスプレを披露してもらい、歌手としての普段とは違う魅力をトークを中心に視聴者のコメントを交えながら披露した。また、世界コスプレサミット2016年日本代表のsky☆ReさんにS!Nさんの顔にライブ10分間で傷メイクをしてもらうことに挑戦!S!Nさんとしても初めてのメイク動画を披露した。

8月2日(日) 世界コスプレサミット ×池袋ハロウィンコスプレフェス

プレゼンター ウサコさんにより、2020年の池袋ハロウィンコスプレフェスに向けての企画「ロードto池ハロ」の発表が行われた。本企画のシンデレラガールに選ばれた、成瀬ひなさんが登場し、池ハロまでにコスプレのノウハウを伝授してくれる七福神が発表。その中から、みおまよさん、山葵さんがコスプレ姿で登場し、コスプレノウハウの一部を披露した。

8月2日(日) 声援団トークライブ

2011年の東日本大震災より、声優を中心として困っている方に『笑顔を届けたい』の思いで活動している「声援団」の皆さんが、WCSのピンチに駆けつけてくれた。画面の向こうで配信を見ている視聴者のチャットに受け答えをしながらトークをしたり、Twitterで好評中の「感情しりとり」を生で披露した。最後には声援団オリジナルソング「ウタ」を生演奏で披露して番組を盛り上げた。

8月2日(日) Cosplayer of the year 2021

コスプレ事業に携わる8社が協力して新しい才能を発掘すること目指した、「コスプレイヤーの「来年の顔」を決めるコンテストの本年度の開催概要を発表。Cosplayer of the year2020受賞者のうち、HIKARUさん、霧野さん、雛森ひな太さん3名にお越し頂き、実際にコンテストに参加した感想と喜びを伝えてくれた。また、コスプレイヤーズアーカイブ 吉田さん、ドワンゴ 橋口さんより、コンテストの概要を紹介いただいた。

8月2日(日) コスプレde海ごみゼロアワード表彰式

世界コスプレサミット実行委員会と、公益財団法人 日本財団は、日本財団と環境省が共同で行っている「海ごみゼロアワード」の一環として、海洋ごみ対策を目的に世界各地のコスプレイヤーが海のごみを通して環境活動について考える機会を創出し、取り組みを募集する『コスプレde海ごみゼロアワード』を共同で開催。本アワードでは、海洋ごみ対策に関わるコスプレイヤーならではの取り組みを評価する「アクション部門」、コスプレ衣装・アイテムにまつわる海洋ごみの対策に関する取り組みを評価する「コスチューム部門」の2部門にて募集。両部門それぞれの受賞活動の表彰式を執り行った。
ノミネートされた応募コスプレイヤーたちとオンラインで繋ぎ、日本財団海野常務より受賞内容が発表された。受賞されたコスプレイヤーはそれぞれ喜びの声を画面の向こう側から届けてくれた。中には、受賞の喜びで言葉にならないコスプレイヤーもいた。最後に受賞者と共に写真撮影を行い、表彰式の幕が落とされた。

Championship ONLINE 〜エンディング

世界コスプレサミットのメインイベントである「ワールドコスプレチャンピオンシップ」。世界中のコスプレイヤーの代表が集い、世界No.1コスプレパフォーマーを競うイベントは、本年は中止となった。そこで、オンラインイベントとして配信番組の中で、過去15年に渡るワールドコスプレチャンピオンシップの中から部門ごとに優秀作品を選定する「コスデミー賞」を開催した。
また、24時間番組を締めくくるエンディングパートでは、開催前よりTwitter等を中心に実施してきた、#エアコスサミ やBiore Z、Bifestaのスポンサー連動コンテストの結果、チャレンジ企画の結果をそれぞれ発表した。

番組の最後には大村秀章愛知県知事もサプライズ出演し、世界コスプレサミットの来年以降の開催について激励の言葉をいただいた。

出演者
MC YO!YO!YOSUKE・クリスグレン・武田知沙(テレビ愛知アナウンサー)
ゲストコメンテーター 古谷徹(声優)・塩川洋介(ディライトワークス)
Locipo配信ゲスト 本田剛文(BOYS AND MEN)・鎌田菜月(SKE48)
特別ゲスト 大村秀章愛知県知事

●過去15年、合計314作品から選ばれた3つの部門のそれぞれの受賞チーム

●チャレンジ企画の結果発表

WCS2020 ONLINE 公式サイトにてエアブース(オンライン出展)を実施

毎年コスサミ・オアシス21会場にて、企業による出展ブース。
今年はオンライン開催に伴い、公式サイト上に企業ブースの特設ページを展開。

各企業ブースページには、コスプレイヤー・コスプレカルチャーファンに向けたPR情報やプレゼント企画、SNSと連動したフォトコンテスト・キャンペーンなど様々な企画が行われた。

WCS2020 ONLINE 公式SNSにてハッシュタグキャンペーンを実施

毎年コスサミ・オアシス21会場にて、企業による出展ブース。
今年はオンライン開催に伴い、公式サイト上に企業ブースの特設ページを展開。

各企業ブースページには、コスプレイヤー・コスプレカルチャーファンに向けたPR情報やプレゼント企画、SNSと連動したフォトコンテスト・キャンペーンなど様々な企画が行われた。

エアコスサミ 特集ページはこちら

WCS2020 ONLINE にてクラウドファンディングを実施

コロナ禍の影響で18年続いてきた世界コスプレサミットが存続の危機にあり、しかし世界にはコスサミを愛し、毎年の開催を楽しみにしているコスプレイヤーが大勢いる。そこで、2021の世界コスプレサミット開催を目指して8月1日(土)12:00〜9月13日(日)までの間、クラウドファンディング「Kickstarter」にて資金集めを実施した。

結果、1256名の方より1100万円を超える支援をいただいた。締め切り前、9月11日〜13日の3日間には、世界コスプレサミットに加盟する世界各地のイベントオーガナイザーやWCS過去代表、WCSアルムナイの皆さんが生配信番組を制作し、Kickstarterを盛り上げた。

WCS ENDGAME
9月11日・12日・13日 各日約12時間配信
配信プラットフォーム:Twitch・YouTube・Facebook
視聴回数合計:37,262回

協賛・スポンサー

オフィシャルスポンサーの取り組み(抜粋)

今年も世界コスプレサミットの各種番組をニコニコ生放送で公式放送した。今回は特にオンラインイベントということで配信主体のイベントとなったため、配信プラットフォームが重要となったが、ニコニコ生放送を中心としながら配信ができ、配信中はコメントを読み上げながら進行するところもあり、番組と視聴者の双方向性を意識しながら進行した。

コスプレ衣装などコスプレアイテムを販売するACOSでは、今年もコスプレに挑戦した河村たかし名古屋市長のコスプレ衣装を提供いただいた。鬼滅の刃、冨岡義勇のコスプレは会場を賑わせ、今年も多くのメディアが河村市長のコスプレを取材しようと会場に訪れた。

詳しい実績は実績報告よりご確認ください。また協賛についてにお問い合わせはお気軽にメールフォームよりご連絡ください。

実績報告

協賛・出展の問い合わせ

サポートスポンサーとの取り組み(抜粋)

世界コスプレサミット2020 ONLINEにあわせて作られた「サポートスポンサー」。24時間番組内にてサポートスポンサーのインフォマーシャルを実施した。各スポンサーの特徴に合わせた紹介の仕方や出演コスプレイヤーのアサインを実施した。

詳しい実績は実績報告よりご確認ください。また協賛についてにお問い合わせはお気軽にメールフォームよりご連絡ください。

実績報告

協賛・出展の問い合わせ

数字で見る世界コスプレサミット