1. HOME
  2. お知らせ
  3. 『コスプレde海ごみゼロ解放区atりんくうビーチ』イベントを開催

NEWS

お知らせ

プレスリリース

『コスプレde海ごみゼロ解放区atりんくうビーチ』イベントを開催

〜コスプレイヤーや子どもコスプレイヤーが知多半島をきれいに!〜
『コスプレde海ごみゼロ解放区atりんくうビーチ』イベントを開催

日時:2021年11月7日(日)10:10〜17:00 / 場所:常滑りんくうビーチ

コスプレ海ごみゼロ実行委員会(実行委員長 天野知寿子)は、日本財団(会長 笹川陽平)及び知多半島の自治体5市5町と共に、コスプレイヤーと連携した海洋ごみ削減の取り組み「コスプレde海ごみゼロ解放区」プロジェクトのひとつの活動として、2021年11月7日(日)にコスプレイヤーや子どもたちと一緒に、りんくうビーチを清掃活動をし、90Lごみ袋30個分のごみを回収しました。また、清掃活動後、きれいになった海でコスプレ撮影を楽しみました。このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

イベント概要

・開催概要:コスプレde海ごみゼロ解放区atりんくうビーチ
主催:コスプレ海ごみゼロ実行委員会
運営:世界コスプレサミット実行委員会、一般社団法人知多娘地域活性プロジェクト
協力:日本財団
後援:常滑市
・日程:2021年11月7日(日)10:00~17:00
1部10:00〜:大人(コスプレイヤー、カメラマン、一般)
2部11:00〜:子どもコスプレ、保護者
・開催場所:りんくうビーチ(愛知県常滑市りんくう町2丁目)
・参加人数:約70名
・回収ごみ量:90Lごみ袋×30個分

「コスプレde海ごみゼロ解放区」プロジェクトとは

思い入れのあるキャラクターになりきるコスプレイヤーの中には、自身の撮影で使用するロケーションが汚れないよう、日ごろから率先して清掃活動等を行っている方も多くいます。そんなコスプレイヤーが気軽に・楽しみながら海洋ごみを減らす機会を創出するとともに、海やビーチ、地域の様々な施設を解放することで、コスプレ活動も楽しんでもらう取り組みです。多くのコスプレイヤーが知多半島を訪れることで海や街がきれいになり、きれいなロケーションで撮影した写真をSNS等で拡散することで、それを見た多くの方も足を運ぶようになることで、地域活性化の効果も期待をしています。

2021年8月8日に行った「コスプレde海ごみゼロ知多半島解放区」宣言セレモニーには知多半島の5市5町(半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町)の市長・町長などがステージに登壇。コスプレ解放区の開始を宣言しました。
活動の最初として各5市5町でコスプレ清掃活動を順次実施しており、6つの市町(半田市、東海市、大府市、東浦町、美浜町、武豊町)では実施が終わり、今回は7箇所目のイベントになりました。残りの知多市、南知多市、阿久比町も年内にイベント実施の予定をしています。

子どもたちによるコスプレごみ拾い

今回初の取り組みとして、5市5町の子どもたちを中心に、子どもたちの衣装をご用意して、世界コスプレサミット元日本代表などの一流コスプレイヤーによるメイクにより、子どもたちをヒーロー・ヒロインに変身してもらいました。ヒーロー・ヒロインになった姿で、海ごみをヴィランと見立ててごみ拾いを行い、きれいになった海で写真撮影を楽しみました。

拾ったごみを入れる専用のごみ箱「拾い箱」の設置

海岸等に落ちているごみを拾って捨てるための「拾い箱」を設置します。拾い箱には、コスプレイヤーが楽しくごみ拾いして、写真撮影したくなる仕掛けを用意しており、多くのお子さんやコスプレイヤーさんが拾い箱の前で写真を撮りました。
※拾い箱とパネルは12月末まで設置予定

参加した子ども・保護者からの声

・プラスチックごみを食べて、ウミガメが死んでしまったのを知って死なないでほしいと思って参加した
・こんなにごみがあると思ってなかった
・近所なので、これからもたまにごみ拾いしに来たい
・海っていろんなごみがいっぱいあるんだな〜
・ごみがない海になってほしい
・ごみがいっぱいあってびっくりした

今後のイベント情報

・11月20日(土)
コスプレde海ごみゼロ解放区 at新舞子海岸
http://ptix.at/phIIzJ

・11月23日(祝)
コスプレde海ごみゼロ解放区 at日間賀島
http://ptix.at/ooGooQ

・日程近日公開
コスプレde海ごみゼロ解放区 at阿久比ふれあいの森

その他の6つの市町(半田市、東海市、大府市、東浦町、美浜町、武豊町)では既にイベントを実施しており、上記のイベント実施をもって知多半島5市5町全てでのイベントでのコスプレ清掃活動イベントを実施することになります。

▼コスプレde海ごみゼロ解放区特設サイト
https://www.umigomi-cosplay.com/kaihouku/

来年も活動を続けますので引き続きよろしくお願いします。

団体概要
団体概要

団体名称 :コスプレ海ごみゼロ実行委員会
委員長 :天野知寿子
活動内容  :コスプレイヤーを巻き込んだ海洋ごみ問題への取り組みを実施
URL :https://www.umigomi-cosplay.com/

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

お問い合わせ先

■コスプレ海ごみゼロプロジェクト、解放区について
コスプレ海ごみゼロ実行委員会(事務局WCS)武鑓(たけやり) 電話番号:090-2231-1090
メールアドレス:press@wcs.co.jp

■海洋ごみ対策の取り組みについて
日本財団 海洋事業部 高階(たかしな)電話番号:070-3623-9607
コスプレ海ごみゼロ実行委員会は、日本財団「海と日本プロジェクト」が取り組んでいるプロジェクト
「CHANGE FOR THE BLUE」の一環として、本事業を実施しています。

リリースのPDFのダウンロードはこちらから
コスプレde海ごみゼロ解放区atりんくうビーチイベント事後リリース(PDF)

最新記事